Iラインの自己処理の方法にはどんなものがある?

Iラインの自己処理の方法にはどんなものがある?

Iラインのムダ毛処理は大きく分けると、脱毛エステサロンor自己処理になります。
どちらが良いかは、個人の考え方やムダ毛の状況によると思いますが、仕上がりを見れば脱毛エステサロンに軍配が上がります。
これはきっと誰もが理解していることでしょう。
では、どうして脱毛エステサロンがキレイな仕上がりになるかはご存知ですか?
それは、肌のコンディションを一番大切にするからです。
脱毛はムダ毛がなくなれば、それでOKということにはなりません。
ムダ毛がゼロになり、肌が美しい状態に戻ることも含めての「脱毛」なのです。
ということはですよ?
自己処理の脱毛だって、肌へ思いやりを持てば、良い結果に繋がるのではないでしょうか。

 

 

Iラインは脱毛しにくい部位TOP3!

Iラインは、背中やOラインに次いで、自己処理しにくい部位です。
Iライン部分なんて、自分の目では確認できないですよね。
見るとしたら、鏡を使うことになるでしょう。
鏡を見ながら、脱毛アイテムを手に持ち、処理していく・・・。
普段自己処理に慣れている人なら、普通の光景でしょうが、こうして文章に起こしてみると、なんて危なっかしいのでしょうか・・・。

 

Iラインの自己処理方法

デリケートゾーンのムダ毛というのは、基本的に太くて生えている方向がバラバラで処理しにくいかと思います。
ですから、どの脱毛グッズを使うにしても、慎重に処理は進めてくださいね。
Iラインはムダ毛だけではなく、粘膜部分もあります。
粘膜部分を傷つけてしまっては、そこから細菌が入り込み、炎症を起こしてしまうキケンもあります。
ですから、十分に気をつけてください。

 

Iラインの自己処理方法を挙げてみると、カミソリ・毛抜き・家庭用脱毛器・ワックスなどがあります。Iラインは肌が特にデリケートですから、カミソリは刺激が強すぎてオススメできません。
カミソリの摩擦で肌荒れや色素沈着を起こしてしまう可能性があります。
肌の負担をできるだけ小さくできる、ワックス脱毛は海外を中心に人気があるようです。
Iラインのムダ毛を毛根から抜くことができますし、肌に大きな刺激を与えずに済みます。

 

Iラインの肌は、とてもデリケートですから、自己処理する頻度はできるだけ少なくしてください。
そして、同じ場所を何回も処理することもNGです。

 

とは言え、肌にばかり気を遣っていても毛が再生してくる速さを考えると、美しいIラインを保つことはできません。
ですから、オススメしたいのは脱毛エステサロンなのです。
サロンは、Iライン脱毛がキレイに仕上がるだけではなく、脱毛する頻度も圧倒的に少なくなります。
肌に+αで良いことをするよりも、マイナス部分=脱毛を少なくしてあげる方が、肌は喜んでくれますよ。