Iラインに色素沈着があって黒いけど脱毛出来る?

Iラインに色素沈着があって黒いけど脱毛出来る?

Iラインの自己処理ってすごく難しいですよね。
アンダーラインは色素沈着が起こりやすく、長期的にカミソリで処理していた場合、肌が傷つくことで色素沈着が起こってしまう可能性が高くなります。
と言ってもIラインのムダ毛を処理しないと、下着や水着などを着た時にはみ出してしまうかもしれません。
泳ぎに着た時に毛がはみ出していないかずっと心配していると、全然楽しめませんよね。
「黒ずみかはみ毛か・・・うーん」と悩んでいる方もいると思いますが、黒ずみが起こりにくい脱毛方法があれば知りたいと思いませんか。

 

 

脱毛サロンで施術を受ける

脱毛サロンでは、フラッシュ脱毛を採用しているところが多く、肌にかかるダメージを極力少なくすることで、黒ずみが起こりにくくなります。
そもそも黒ずみの原因というのは、カミソリや毛抜きなどで処理することで、肌を傷つけてしまう事にあります。
肌が傷つくと、メラニン色素が通常よりも多く分泌されてしまい、色が黒くなってしまうのです。
つまり、自己処理で傷つけてしまう=色素沈着という事です。
脱毛サロンでは、個人個人の肌に合わせて施術をしますので、より肌にかかる負担を軽くできます。
色素沈着しているところをフラッシュ脱毛で施術をする事は可能なのですが、レーザー脱毛だと難しいと言われています。
レーザー脱毛は出力が強く、肌の弱いIラインには向きません。
その点、フラッシュ脱毛でしたら黒ずみのある肌に照射しても問題ありません。

 

さらに、脱毛サロンは肌をケアしながら施術してくれますので、肌にかかる負担を最大限に弱くできるので、肌の弱い方でも安心です。
ただ、脱毛サロンによって施術方法などが変わるため、施術を受ける前にカウンセリングなどで必ず確認しておいてください。

 

色素沈着を改善する

色素沈着を悪化させないためには、肌を生活に保ったり、肌に負担をかけないことが大切です。
脱毛サロンで施術を受ければ、肌にかかる負担がほとんどないだけでなく、生えにくくなる効果も期待できるため、自己処理をする頻度も少なくなります。
通常であれば、頻繁に自己処理をしなければならないため、傷ついた肌が回復する前にまた傷つけてしまう、というように、どんどん悪化させてしまいます。
ですが、自己処理の頻度が少なくなれば、傷ついた肌が回復するまで待てますので、黒ずみが急激に悪化する事はほとんどありません。
また、日頃から保湿ケアや美白効果のある物でケアすると、色素沈着を改善や予防の効果が期待できます。