妊娠中のアンダーヘア脱毛は?

妊娠中もアンダーヘアの脱毛は出来る?

どうする?妊娠中のアンダーヘア

妊娠中は検診などでお医者さんに陰部を見せる機会が多くなります。
そこで多くの女性が戸惑っているのが「アンダーヘアはどうする?!」ということでしょう。

 

女性のアンダーヘアのお手入れについては未だに「する派」と「しない派」で分かれているようです。
「身だしなみとして当然」と思う人もいれば、「ヤル気マンマンのようで恥ずかしい」という人もいます。
個人の考え方なので何が正解ということはありませんので、したい人はすれば良いし、放置の人もそれでかまわないでしょう。
お医者さんは医療として診察しているのですから、アンダーヘアについてあれこれ思う人はいません。

 

では日頃お手入れしている人は妊娠中にどうしているのでしょうか?

 

妊娠中のアンダーヘアのお手入れ

まず日頃のお手入れが続けられるうちは自分でしているという人が多いようです。
ただし臨月の頃になると自分で確認できなくなりますので、安全面から考えてもお手入れは中止した方が良いでしょう。
強者になると旦那さんにお手入れしてもらうという人もいますが・・・。

 

ただしアンダーヘアの自己処理には危険が多いことも考慮しておきましょう。
敏感なデリケートゾーンの肌ですから、自己処理によって肌トラブルを招くこともあります。
大事な妊娠期にもしものことがあっては大変です。
できれば自己処理も控えることをおすすめします。
出産に支障がある場合には病院で剃毛してくれることもあります。
それ以外は自然にまかせた方が良いと思いますよ。

 

妊娠中の脱毛は?

ではサロンなどでの脱毛処理はどうでしょうか?
自分でやるよりは安全だし、脱毛の効果も高いですよね。

 

しかし、残念ながら妊娠中はサロンでの脱毛は断られることがほとんどです。
これは脱毛の施術が胎児に影響するという理由ではありません。
妊娠中は脱毛の効果が出にくいことがあるからなのです。

 

妊娠中の女性はホルモンのバランスが崩れてしまいます。
ホルモンと毛の生える周期には密接な関係があります。
毛の生える周期に合わせて施術するサロンでの脱毛が無駄になってしまうことが考えられるのです。
せっかくお金をかけてサロンで脱毛するのならば、しっかりと効果が出る通常の時期にしましょう。

 

もし妊娠したとしたらある程度長さをカットする程度の自己処理に留めることをおすすめします。
サロンでの脱毛は妊娠前に準備しておくと良いですよ。
永久脱毛している人は、妊娠してもムダ毛のことなど考える必要はありません。
余計な気遣いをせずに完全に出産に集中できるのです。