Iラインの脱毛は粘膜の部分までやってもらえる?

Iラインの脱毛は粘膜の部分までやってもらえる?

Iラインの自己処理は難しく、自分で処理してしまうと肌を傷つけてしまう恐れがあるだけでなく、うまく処理できないことも多々あります。
そのため、脱毛サロンに通ってIライン脱毛をしようと試みる人もいます。
ただ、その時に気になるのは粘膜の部分までやってもらえるかどうかでしょう。

 

粘膜の部分もギリギリまでなら処理してもらえます

粘膜と言うと、傷つきやすかったり、感覚が敏感なため処理してもらうのはすごく怖いと思います。
ですが、粘膜自体に毛が生えているという事はほとんどありません。
また、赤黒い色をしているため、その場所に照射する事はできません。
とはいえ、その周辺に生えている毛はギリギリまで処理してもらう事は可能です。
現在は技術力が高い脱毛サロンも増え、粘膜のすぐそばにはえているムダ毛もキレイに処理できます。

 

Iライン脱毛の安全性

プロが施術するといっても、場所が場所なだけに、強い痛みがあるのではないか、肌にかかる負担は変わらないんじゃないかなどの不安があるかもしれません。
Iライン脱毛をする時には粘膜に照射してしまわないように、しっかり管理していますし、敏感な肌でも傷まないためのケアをしてくれます。
施術前は、カウンセリングや肌チェックをすることで、個人個人の肌質や毛質を確認してから施術に入りますので肌にかかる負担を極力減らします。
それから、脱毛サロンの店舗によってもやり方が若干異なりますが、実際に照射する前にはしっかり肌にうるおいを与えたり、施術中にも部位を冷やすなどの工夫をしています。
ですから、敏感肌の人でも安心して施術が受けられます。

 

自己処理の危険

「プロとはいえ、見せるのはちょっと・・・」そう思っている人もいるかもしれないのですが、自己処理だけは絶対に止めてください。
Iラインは自分でやるのはすごく難しいです。
カミソリで処理する人もいるのですが、肌を傷めてしまう事で、黒ずんでしまう場合もあります。
また、失敗してしまうと出血を伴うかもしれません。
それから、毛抜きで処理するにも鋭い痛みがありますし、見えにくいため、継続的にやっていくのは非常に難しいです。
このように、様々な理由から自己処理は避けた方が良いです。
これは、自己処理だけに限らず、素人に任せるのも危険が伴います。
適切な処理の仕方が分からない人に任せて、何かあってからでは遅いので、自分でやりにくいといって知り合いにお願いするというのもやめてください。
Iラインはデリケートな場所なので、自己判断で行うのではなく、プロに任せて正しく処理してもらいましょう。