Iライン 脱毛後 メリット デメリット

Iライン脱毛後のメリットとデメリット

Iラインの毛は自己処理がしにくく、脱毛サロンで処理してもらう人も少なくありません。
特に最近では、料金も手ごろになったという事や、フラッシュ脱毛器を使うところが増え、痛みを感じなくなったという事で、脱毛サロンを利用する人が増えてきているようです。
また、海外のセレブはもちろん、日本人でもグラビアアイドルなどは、Iラインの脱毛は欠かせないため、一般人でもIライン脱毛をしています。

 

メリット

Iライン脱毛をした後のメリットはムレにくくなったり、おりものや生理の時の血、排泄物が付かなくなる事です。
そのため、臭いがいつもよりなくなりますし衛生的でもあります。
それだけでなく、水着や下着を着た時に毛がはみ出してしまうことも無くなります。
また、脱毛サロンで施術を重ねるたびに毛が薄くなったり、生えにくくなることで、処理する必要がほとんどなくなりますので、放置していても清潔でキレイな状態を保つことができます。
男性から見ても、何も処理していないよりは、ちゃんと処理している女性の方が魅力的に感じるそうです。

 

デメリット

Iライン脱毛をする際に、何かデメリットになる事があるのではないか、と考えている人もいるのですが、デメリットになる部分についてはほとんどありません。
強いて挙げるとすれば、ツルツルにしてしまうと人によっては恥ずかしさを覚えてしまう事です。
例えば、温泉に入る時、ツルツルになったのを見られたくないと考える人もいます。
とはいえ、人がIラインをツルツルにしているのはそれほど気にならないと言う人が多いです。
ただ、本人がどうしても気になるというのでしたら、その事をカウンセリングの時に伝え、自然な感じで残してほしいと言えばその通りにしてくれます。
完全にツルツルにするのではなく、不自然にならない程度に残してもらえるか相談したうえで脱毛サロンを利用してみてください。

 

ちなみに、男性目線からで言えば、いわゆるパイパンの状態だろうが、毛が残っている状態だろうが、どちらでもOK!という回答が多い傾向にあるようです。
Iライン脱毛って実用性だけではなく、男性の考え方も大いに参考にしたいですよね。
一番良いのは、パートナーと相談してどの程度脱毛するかを決めることだと思います。
ただ、何も処理していない状態だけはNGな男性が多いということです。
ある程度は処理しておかないと、デリケートゾーンのムダ毛ってかなり密集してしまいますからね^^;

 

無難に処理するのなら、自然な形で毛を残しておくということでしょう。
私って元々これくらい薄くてキレイなデリケートゾーンなの!と何気にアピールできますしね!