Iライン脱毛 痛み どのくらい

Iライン脱毛の痛みはどのくらい?

脱毛エステサロンでは、きっとキレイに脱毛してくれるだろう。
そう信じることができるのは、サロンには専用の機器とプロの腕を持つスタッフがいるからです。
ですが、キレイに仕上がることは良いとして、脱毛するに当たって色々な不安な疑問が湧いてくると思います。
今回お話することは、肌の刺激に敏感な人はぜひチェックしておいて欲しいことです。

 

Q;Iライン脱毛の痛みはどのくらい?

 

痛みの感じ方は個人差が大きいので、これくらい!という目安をお話することは難しいのですが、ある程度の痛みを伴うことは心得ておくと良いでしょう。
手足の脱毛と比べると、デリケートゾーンであるIラインの肌は非常に敏感なので、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまうのです。
実際、普通に生活していく中でも、デリケートゾーンが炎症を起こしてしまったり、かぶれてしまったという経験のある人は多いと思います。

 

ただ、痛みが伴うとは言え、脱毛方法によってもその度合いは異なります。
Iライン脱毛が痛いランキング(?)第一位はダントツでニードル(針)脱毛です。
ニードル(針)脱毛は、数ある脱毛方法の中で最も永久脱毛に近いです。
ですから、自己処理は今後やりたくないという人や、根こそぎ脱毛しておきたいという人に向いています。
ですが、ニードル(針)脱毛は、毛穴1本1本に針を通して微弱な電流を流して脱毛するので、痛みを強く感じることになるのです。
確実な脱毛方法ではありますが、痛みに弱い人は避けておいた方が良いかもしれません。
余談ですが、最近、ある人気モデルさんがハイジニーナ脱毛(VIOラインセットの脱毛)にトライしてみたところ、思わず叫んでしまったくらい痛かったのだとか・・・。
きっとニードル(針)脱毛だったのでしょうね。
(決して驚かせるつもりはないのですが、あなたが後悔しないようにひとつの情報として紹介しておきました。)

 

痛みに敏感な人は、ニードルよりも光脱毛をオススメします。
例えば銀座カラーのIPL脱毛は、痛みがほとんどなく、高い脱毛効果を得られると評判です。
永久脱毛として捉えると、その効果はニードルには及びませんが、自己処理を続けるよりははるかにケアが楽になることは間違いありません。

 

脱毛エステサロンでIライン脱毛をすると、これまで自己処理で味わってきた肌トラブルがびっくりするくらい治まるでしょう。
肌トラブルは、そもそもムダ毛が生えていることで清潔さを保てず、かぶれたり湿疹ができたりしますからね。
毛がなくなるだけで肌トラブルを大きく改善できますし、自己処理に伴う肌ダメージも回避できるのです。