Iラインは脱毛クリームでも大丈夫?

Iラインは脱毛クリームでも大丈夫?

脱毛クリームってどう?

ムダ毛に悩む女性は多いと思います。
そのムダ毛のお手入れ方法も様々な種類がありますが、比較的手軽に出来そうと人気なのが脱毛クリームではないでしょうか?

 

脱毛クリームのメリットとしては、
・自分で処理出来る
・比較的費用が安く済む
・即効性がある
・処理後が綺麗
といったところでしょうか。

 

人目を気にせず脱毛出来ますし、薬局などで安価で手に入れることも出来ます。
また塗ったらすぐに毛が抜けるという素早さも頼もしいですね。
さらに毛の根元から脱毛しますので、剃ったりするよりはるかに綺麗な仕上がりになるでしょう。

 

脱毛クリームの怖さ

その一方で効果が大きい脱毛クリームほど、その成分の強さが気になります。
基本的に脱毛クリームはクリームの成分によって毛を溶かすことで脱毛します。
普通に考えて肌に対する負担は大きいことが想像出来ます。
そんなクリームをさらに肌が敏感なデリケートゾーンに使うなんて・・・。
やはり少し怖い部分がありますよね。

 

脱毛クリームを使うのであれば、必ずパッチテストを行なってからにしましょう。
出来れば肌の弱い部分の脱毛は避けた方が良いでしょう。
ワキやデリケートゾーンは特に肌が弱いので注意ですよ。
多くの種類が発売されていますが、店頭で試せるようなものではないので、使ってみないと分からないところはデメリットといえるでしょう。
それでも肌に合わなければかぶれたりかゆみが出たりすることがあります。
自分に合わないものを使い続けることは止めましょう。

 

脱毛クリームの種類について

脱毛クリームにも種類があります。
大きく分けて二つあります。
ひとつは単純に脱毛するだけのクリーム。
もうひとつは徐々に毛を薄くする効果がある抑毛系のクリームです。
抑毛作用のあるものであれば、使い続けることで毛が生えづらくなる効果も期待できます。
逆に単純な脱毛クリームは、いったん脱毛してもしばらくすればまた毛が生えてきます。
費用的に安いといっても何度も脱毛しなければならないのであれば、結果的には高くついてしまうかもしれませんね。

 

もし脱毛クリームで脱毛するのであれば、抑毛作用のあるものの方が良いのではないでしょうか。
ただし、肌に合うものを使うことが非常に大事になります。
特にデリケートゾーンへの使用は慎重に考えましょう。
抑毛作用のあるローションなどもありますので、より刺激の少ないものの方が良いでしょう。
効果の大きさと肌への負担の大きさを考えれば、サロンで脱毛してしまった方がより安全ではあるでしょう。